LibriVox(リブリヴォックス)の特徴や使い方を詳しく解説

LibriVox(リブリヴォックス)の特徴や使い方を詳しく解説

オーディオブックが全部無料で聴けるLibriVoxってどんなサービスなの?

キクカちゃん

キクカちゃん

ヨムくん

ヨムくん

著作権が切れた古い作品の朗読が聴けるサービスだよ。運営はボランティアで成り立っているんだ

本記事では、パブリックドメイン作品を扱う「LibriVox」というオーディオブックサービスについて紹介します。

パブリックドメインとは何か、料金はいくらかかるのかなど、詳しく解説していくので参考にしてみください。

LibriVox(リブリヴォックス)とは

名前LibriVox(リブリヴォックス)
開始時期2005年 8月
配信数4万冊以上
料金無料
運営ボランティア(非営利)

LibriVoxとは、パブリックドメイン作品の朗読が聴けるオーディオブックサービスです。

パブリックドメインとは、著作権が消えた、もしくは発生していない作品(本や音楽など)のことです。例えば夏目漱石の『こころ』や、太宰治の『人間失格』などの古い本は著作権が切れています。

ヨムくん

ヨムくん

つまりLibriVoxは古い作品が豊富ということだね

完全無料で使える

LibriVoxの魅力は、すべてのオーディオブックが無料で聴ける点です。なぜ無料で聴けるのか? 理由は2つあります。

ひとつ目の理由は、LibriVoxに上がっている作品はすべて著作権が切れており、著作権料を必要としないからです。

ふたつ目は、LibriVoxの運営がボランティア(非営利活動)で成り立っているからです。サービスの提供・運営から朗読まで、すべてがボランティアで成り立っています。

作品も運営もお金がかかっていないから、無料で使えるちゃうんだ!

キクカちゃん

キクカちゃん

日本語の作品も聴ける

LibriVoxの朗読は英語やスペイン語、中国語など、全45カ国語があります。配信作品数は合計で4万冊以上あり、大半は英語による朗読です。

もちろん、日本語の朗読もあります。日本語のオーディオブックは記事執筆時点(2021/04/21)で127冊存在し、ボランティアによる朗読投稿が今でも進行中です。

LibriVoxで聴ける日本語オーディオブック
  • こころ(夏目漱石)
  • ごん狐(新美南吉)
  • おくのほそ道(松尾芭蕉)
  • 小倉百人一首(藤原定家)

LibriVox(リブリヴォックス)の使い方

LibriVoxの使い方は以下の3つがあります。

  • ブラウザ上で聴く
  • ダウンロードして聴く
  • アプリで聴く

それぞれの使い方について詳しく見ていきましょう。

ブラウザ上で聴く方法

LibriVoxのオーディオブックは、SafariやGoogle chromeといったブラウザ上でストリーム再生できます。ブラウザ上で楽しむには、まず下記リンクからLibriVoxにアクセスしましょう。

> LibriVoxはこちら

サイトが開けたら、聴きたい作品のタイトルを検索窓に打ち込みましょう。言語から作品を選びたい場合は、サイトのトップ画面を少しスクロールして「Language」ボタンを押してください。希望の言語を選択したら作品が一覧されます。

目当ての作品を開いたら、ページを少し下にスクロールすればチャプターの一覧が出ます。再生ボタンを押して作品を楽しみましょう。

ダウンロードして聴く方法

LibriVoxのオーディオブックは、個別ページからスマホやPCに保存して楽しむことも可能です。方法は以下の4つがあります。

  • ZIP形式
  • iTunes登録
  • RSS
  • Torrent形式

これらの中で、最もスタンダードな方法はZIPでしょう。iTunesを使っている人なら、iTunes登録もおすすめです。

アプリで聴く方法

LibriVoxはスマホアプリでも楽しめます。アプリ名は「LibriVox Audio Books」です。アプリストアで「LibriVox」と検索すれば一番上に出てきます。

アプリだと、10秒戻しやスリープタイマーといったブラウザ版にない機能があり、比較的便利です。

ただし、「LibriVox Audio Books」はどうやら非公式アプリなようで、広告が表示されます。広告の非表示は課金が必要になるため、注意が必要です。

LibriVox(リブリヴォックス)の特徴と使い方まとめ

LibriVoxは、著作権が切れた古い作品の朗読が聴けるオーディオブックサービスです。運営はボランティアで成り立っているため、作品は完全無料で聴けます。

利用はブラウザ上でのストリーミングかダウンロード、もしくはスマホアプリになります。使い勝手はスマホアプリが最も良いため、スマホで使うことが多いのならアプリ導入が一番おすすめです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA