Audible(オーディブル)の録音方法・MP3でのダウンロード方法を解説

Audible(オーディブル)を録音やMP3でダウンロードして、手元に残していつでも聞きたいな。

キクカちゃん

キクカちゃん

国内最大の作品数を誇り、返品と交換を無料でできる超優良サービスのAudible(オーディブル)ですが、オーディオブックを購入してもAudibleアプリでしか聴けません。

ヨムくん

ヨムくん

「ウォークマンやiPodでオーディオブックを聴きたいのに…。」という人も多いよね。

本記事では、Audibleのオーディオブックの録音方法からMP3でダウンロードする方法を紹介します。

この記事を読むことで、Audibleを解約してもオーディオブックが手元に残り、お好きな端末で聴くことができるようになります。

結論ですが、外部機器を使って録音する方法と、ソフトを使ってMP3に変換してダウンロードをする方法があります。

Audibleの録音やMP3によるダウンロードは推奨されているものではありません。公式にMP3でダウンロードすることを認めているaudiobook.jpにてオーディオブックを購入することをオススメします。

通常Audibleは録音やアプリ以外のダウンロードは推奨されていない

検閲, 制限, 表現の自由, 抑制, 制限する, セキュリティ, 権利, 秘密

Audibleのオーディオブックには、DRM(デジタル著作権管理)という技術が使われています。

要するに、購入者である私たちが複製や編集などをできないように制限をかけているということです。

ネット上では、“私的利用なら問題ない”という声もありますが、暗号化されているものは、私的利用であっても著作権法違反となります。

今回紹介する方法を試す場合には、必ず自己責任となることをご理解ください。

DRMはその技術的特性により、理由を問わず複製そのものを制限している。そのため、一般的な著作物では、著作権法によって認められている範囲での私的複製、抜粋、編集などの行為も、複製を伴う行為であれば、消費者の権利が制限されている(もっとも、日本の著作権法では、暗号化を伴うDRMで複製を制限している場合には、そもそも私的複製の対象外であり、消費者が自由に活用する権利はない[6])。

参考文献 Wikipadia

Audibleを録音・ダウンロードの方法

Audibleを録音・ダウンロードをする3つの方法
  • 外部機器を使って録音をする。
  • ソフトを使いMP3に変換してダウンロードする。
  • 海外版Audibleを使用する。

順番に解説するね!

キクカちゃん

キクカちゃん

外部機器を使っての録音方法

録音に必要なもの
  • マイク端子が付いたパソコン
  • Audibleアプリが入ったスマホ
  • 3.5mmステレオミニプラグケーブル(オス・オス)
3.5mmステレオミニプラグケーブル(オス・オス) 出典:Amazon.co.jp

Mac Book Airなどの最新のパソコンにはマイク端子が付いていないものがあるので注意です。

マイク端子が無い場合は、他にUSBオーディオ変換ケーブルが必要だよ。

キクカちゃん

キクカちゃん

USBオーディオ変換ケーブル 出典:Amazon.co.jp

Step1 パソコンにAudacityをインストールする。

Audacity公式サイトよりソフトをダウンロードしましょう。(Audacityはオーディオ編集ソフトなのでインストールしても問題ありません。)

Step1 「Windows10」をクリック。

Step2 「Audacity 2.4.2 zip fire」クリック。

Step3 「Audacity Windows Zip」をクリックしダウンロードする。

Step4 ダウンロードしたファイルを「すべて展開」する。

インストール完了 「audacity」をクリックで使用できます。

Step1 「macOS」をクリック。

Step2 「Audacity 2.4.2 dmg fire」をクリック。

Step3 「Audacity macOS DMG」をクリックしダウンロードする。

Step4 ダウンロードしたDMGファイルからAudacityをインストールする。

Step2 パソコンとスマホをステレオミニケーブルで接続しAudacityを起動する。

必ずパソコンやスマホの通知音などをOFFにしておきましょう。録音中に通知が来てしまうと、オーディオブックに録音されてしまいます。また、ステレオミニケーブルでパソコンとスマホを接続してからAudacityを起動しましょう。

次に「録音と再生」⇒「録音」⇒「タイマー録音」をクリックします。

継続時間は、Audible作品と同じ時間に設定してください。

「OK」ボタンと同時に、スマホのAudibleも再生しましょう。

後は、録音が終了するまで待つだけです。

Step3 録音したファイルをMP3に書き出しをする。

録音が完了したら、「ファイル」⇒「書き出し」⇒「MP3として書き出し」をします。

ファイルに名前をつけましょう。

「メタデータタグ」には何も入力しなくても大丈夫です。

これで完了です。

ソフトを使ってMP3に変換してダウンロード

AudibleをMP3に変換するソフト
  • Audible Audiobook Converter
  • OpenAudible

どちらも有料ソフトになりますが、録音をするよりも圧倒的に速くMP3に変換できます。

Audible Audiobook Converter

Audible Audiobook Converterの無料版は10分間のみになりますが、有料版は2562円で無制限でAudibleのDRM解除してMP3に変換できます。

ヨムくん

ヨムくん

さっきの録音方法と違って、DRM解除を1秒でするから、とにかく速くMP3に変換できるって書いてあったよ。

WindowsとMac、どちらにも対応しています。

まずは「Audible Audiobook Converter」をダウンロードしてください。

10分以上のオーディオブックを視聴したい場合は、正式版を購入しましょう。

次に、WindowsかAndroidかMacにて、DRM解除をしたいオーディオブックをダウンロードします。

ダウンロードしたファイルをAudible Audiobook ConverterにてDRM解除をして完了です。

DRM解除までの詳細は、以下の動画をご覧ください。

Audible Audiobook Converterの使い方

OpenAudible

OpenAudibleには無料版がありません。価格は1441円なため、Audible Audiobook Converterと比べ1121円おトクです。

公式サイトで、ソフトをダウンロード、購入をしてください。

取扱説明書が英語だったため、翻訳して要約したものを載せておきます。

OpenAudible取扱説明書 原文ママ
OpenAudibleの使い方
  • OpenAudibleをダウンロード、インストール、起動する。
  • Audibleに接続し、アカウントにログオンする。
  • タブ[Controls]⇒[Full Library Rescan]で書籍のリストを取得する。
  • タブ[Controls]⇒[Download All From Audible]で全てのAudibleをダウンロードする。
  • MP3に変換する本を1冊以上選択し、タブ[Actions]⇒[Convert to MP3]をクリックするとDRM解除される。

お好きな端末にMP3データを入れましょう。

以上で完了です。

海外版Audibleを使用する

出典:https://www.audible.com/

海外版AudibleではオーディオブックのデータをiTunesに取り入れ、iPodなどお好きな端末で聴くことができます。また、日本版よりも蔵書数が2万冊以上も多いです。

しかしデメリットもあります

海外版Audibleのデメリット
  • クレジットカードの支払いがアメリカドル。
  • 日本語蔵書数が圧倒的に少ない。(約100冊)
  • Amazon.co.jpのアカウントが使えない。
ヨムくん

ヨムくん

洋書をとにかく聴く人向けに方法になるね。

Step1 Amazon.com用のアカウントを作成する。

Amazon.comの公式サイトよりアカウントを作成しましょう。

Step2 Amazon.comでオーディオブックを購入する。

Step3 ダウンロードしたオーディオブックをiTunesに取り入れる。

Audibleのサイトのメニューの[LIBRARY]⇒[My Books]からオーディオブックをダウンロードし、iTunesに入れ、お使いのiPodやiPadなど端末で聴くことができます。

Amazon Audibleの録音・MP3ダウンロード方法まとめ

  • 外部機器を使って録音をするか有料ソフトを使う必要がある。
  • 有料ソフトを使えば、録音よりも速くMP3に変換できる。
  • DRM解除をするのは私的利用でも違法行為である。

オーディオブックを専用アプリだけでなく、好きな端末でいつでも聴きたい場合、MP3に変換することが欠かせません。

不安な気持ちにならずにMP3へ変換したい場合は、MP3でのダウンロードを公式でサポートしているaudiobook.jpでオーディオブックを購入してみてはいかがでしょうか。

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ

オーディオブック(audiobook)耳で楽しむ読書アプリ

OTOBANK Inc.無料posted withアプリーチ

関連オーディオブック.jpの評判どう?口コミや感想を解説

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA